Category

垂れ幕や看板作りに便利なインクジェット印刷

街を歩けば、あちこちにある看板が目に留まります。普段何気なく見ているものですが、いざ自分が駐車場やお店のオーナーになった時、どこの業者に頼めばわからないということがあると思います。そこで今回は宣伝のための看板や垂れ幕づくりの強い味方、インクジェット印刷機を使う業者について説明していきます。
あまり詳しくない人は、看板への印刷は板に直接インクジェット印刷をしていると考えている人もいるかも知れませんが、あれは看板表面にインクジェット印刷をして、裏面に糊を塗っているのです。こういった糊のついた塩ビシートは0.3平方メートルから最大400平方メートルのものまで幅広く対応してくれます。サイズが大きいからと言って、値段がどんどん上がるわけではなく、一番高くても3000円代半ばくらいで請け負ってくれます。
次に垂れ幕です。こちらもインクジェット印刷機を使うのですが、幅が5メートルので、例えば思い切り大きな垂れ幕を作りたい人でも20メートルまでならつなぎ目をつくることなく作ることができます。また、この垂れ幕にはいくつか種類があり、メッシュ加工で風に強くしたものや、光を遮って文字が透けるのを防げるものがあります。いずれも燃えにくい加工が施してあるので、いざと言う時も安心です。何かと便利な印刷技術を提供している会社を探すなら、ネット検索をしてみてください。

綺麗な仕上がりが期待出来るインクジェット業者に依頼を

インクジェットでの印刷は色の再現性の高さが売りです。インクを直接吹き付ける印刷方法だからこそ出来ることであり、その美しい色の仕上がりは見るものの目を惹きつけるものになるでしょう。とはいえ個人のプリンターでは大きな横断幕に印刷するのは少々難しいでしょう。だからこそ綺麗な横断幕などを製作することを考えるなら、インクジェットの業者に依頼をするのが良いのです。
インクジェットのもう一つのメリットはコストが安いことも挙げられます。インクジェットの業者の料金体制を見てみると、比較的リーズナブルな料金で依頼出来ることがわかります。特に自社一貫生産を売りにしている業者ならば、驚くべき価格の安さで依頼出来るのでおすすめです。
これが実現出来るのも看板や垂れ幕、横断幕を多数製作してきたことにあります。それだけでなく垂れ幕の縫製などの後加工も全て自社一貫製作しているため、効率的な製作体制を整えていることもコストカットに繋がっています。同時に品質の高さも保証されているのもメリットになります。依頼料金の安さと品質の高さ、これがインクジェットの業者に依頼するのがおすすめの理由です。思い出に残る横断幕や看板の製作を作るならば、インクジェットの業者に依頼してみましょう。

PICK UP

News

2017/12/25
グラデーションのような難しい印刷にも対応を更新致しました。
2017/12/25
インクジェット印刷はコストカットにつながるを更新致しました。
2017/12/25
大型印刷機のあるところに依頼しようを更新致しました。
2017/12/25
さまざまなシーンで活躍するインクジェットを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加